プロフィール
ぴーさん
ぴーさん
「サンデー毎日」のオヤジのブログ。
夏の鮎釣りが最高!
鮎の話題が多いですがご容赦を!
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2017年06月21日

ハリについて感じた・・・・

山形県の解禁を前にハリ巻きに勤しんでいるところであります。

ここ何年前くらいからであろうか、いつの間にか「保持系」のハリが多くなった。

何か歳を重ねるごとに「シワリ」タイプのハリがレギュラー選手である。

しかし、考えてみると若い時は「シワリ」タイプになんか見向きもせずに「早掛け」オンリーだった。

トーナメントでの一匹のバラシは大きい。

あのバラシが無ければと後悔したこともある。

しかし、それが早掛けのハリのせいだったのかと言われれば・・・・。

観戦していた名人に言われたことがあるが、明らかに針先が甘くなり竿に感じる以前にバレていたぞと。

ハリ交換、ハリ交換と大声で言いたかったが審判員が近くにいて言うに言えなかったと・・・。

案の定、その時は1匹差で負け・・・・・。

たらればではないがハリ交換さえしていれば・・・・。



よし、今年は少しは早掛け系を多く巻いてみるか。

駄目でもともと。

バレるのはハリ先が甘いと割りきってすぐ交換してみよう。

歳とともにものぐさになってきている。

少しは目先を変えないと釣果向上はない。(笑)


オッと! 河川によりハリ噛みが多い川があるので、そこは早掛けだと悲惨だから要注意!

  

Posted by ぴーさん at 10:08Comments(0)あゆ

2017年06月14日

鮎、あと2週間・・・。

さぁ、山形県の鮎解禁まで2週間と少し。

今年も遠征には行けず、山形の解禁前には鮎さんの顔を見ることはできませんでした。

天気もやや安定してきましたので、散歩も快調!



毎年散歩コースにある芝生に咲く黄色の花。

茎が異常に長い・・・。

見方によると花だけ宙に浮いているように見えます。



この花、半月遅れぐらいで、小国川の大会々場の芝生にも咲きます。

まぁ、酒田と舟形町の季節がそのくらいズレているんですねぇ。

繁殖力が高いので多分、外来種だと思いますが・・・・。

ネットで調べてみましょう。
  

Posted by ぴーさん at 13:17Comments(0)あゆ

2017年06月10日

気持ちは鮎になりましたが

いろんな用件もほとんど終り、オラ的には鮎モードなのですが・・・・・。

山形県の鮎解禁は7月1日。

気持ちが切り替わってもすぐに近くの河川には行けません。(笑)



関東方面に出掛けた仲間も意外に早く帰宅していました。

毎日爆釣なら長く滞在していたのかもしれませんが・・・・・。

そうこうしているうちに梅雨になります。

せっかく遠征しても、増水濁りで釣りにならずではがっかりですからね。

まずは、仕掛けや道具の点検などで時間をつぶすしかありません。

それに、遠征車両の荷物積み込みもまだなんでした。

今日は曇りと雨の予報。

晴れたらやることがまだありますね。
  

Posted by ぴーさん at 10:53Comments(0)あゆ

2017年06月05日

鮎に気持ちを切り替える

何やかやと別の用件があり、関東方面の解禁遠征を断念しました。

昨年は胆嚢炎の手術を控え、遠征断念。

まぁ、何とか今週の半ばには用件も終わり、鮎に気持ちを専念できそうです。

で、気持ちを鮎に向けるため、仕掛けの点検と補充を敢行!



まずは水中糸から・・・・。

ナイロンやらフロロ、複合を予備も含めて準備。



昔は水中糸だけ準備し、ハナカン廻りと現場で結んでいましたが今はすべてハナカン廻り付きにしています。

仕掛け巻きにすべてワンセット。

現場ではスピーディーに仕掛け交換ができます。



ハリは昨年の残りというか、その都度補充のハリのストック箱から。

以前は新製品にすぐ飛びつき、買っていましたが、今は在庫のハリを不足した時だけ巻いて補充。


さぁ、あとは竿に天井糸仕掛けと水中糸仕掛けをセットして天井糸の長さ調節です。

今週末にかけ県外遠征のお誘いが来ています。

あとはタイツや足袋、引き舟やオトリ缶の点検です。


  

Posted by ぴーさん at 19:39Comments(0)あゆ

2017年05月09日

小国川大会会場の川相変わる!

昨シーズンに大会メイン会場の下手左岸の護岸が崩れかけていました。

護岸の上は車も通る道路。

流れがまとも護岸に当たるため、だんだん掘れて、護岸コンクリートに亀裂が入ってました。

急瀬の好きな方は良い思いをした瀬ですね。

仲間からの報告では、護岸側に傾斜が出来すぎているのを均して平らにしたみたいです。

分流との間にあった中州もなくしたようです。



これから雪代や梅雨の大雨でまた少しずつ変わると思われますが・・・・・。

この辺りはトーナメント時、いろいろなドラマが生まれた左岸急瀬、増水すると奇跡が起きた右岸分流。

今年のトーナメントはどうなることか・・・・・。



おまけに、キャンプ場前の分流もきれいに均したみたいで、メイン会場からの見通しが良くなりました。



まぁ、大水ごとにまた少しずつ川相も変わるのでしょうがね。

今年のトーナメントに参加予定の皆様方の参考情報でした。

  

Posted by ぴーさん at 15:36Comments(0)あゆ

2017年05月02日

川見しながら

毎日GWのオラであります。(笑)

ようやく天気も回復してきたので、カミさんとドライブ。

知人から金山町の「がっこそば」に行ってきたとの話を聞いて「まねっこ」で行って来ました。



廃校になった小学校跡に地元の方々が作ったそば屋さん。

まずまずの味でございました。

せっかく、金山まで行ったのですから、真室川の様子も・・・・。



カミさんに、ここの東屋に車中泊して、近くのマックスバリューや薬王堂で買い物、トイレはここなどと案内。

意外に便利な所に車中泊しているのを見て安心してました。

他には一番近くが「町立病院」ですからね。(笑)

ただ不用心なのは「鮎タイツ泥棒」「オトリ缶アユ総抜き泥棒」が居る所なんですよね。


そんなこんな説明しながらの短時間ドライブでした。

  

Posted by ぴーさん at 15:16Comments(0)あゆ

2017年04月24日

匠鮎会、春の総会

「春の総会」と言うと、聞こえはいいのですが、要は「飲み会」が開催されました。

鮎の話をしたくてウズウズしている会員はほぼ全員参加でした。

飲みながらの釣り談義は弾みます。




かなり飲み散らかしてから会長が語りますが、空席が目立ちます。

見えないところで固まって語っているので写りません。




こちらは、仕掛けの話で盛り上がっているのか、オトリはこう追われると語っているのか。

何せ、鮎の話はやらない人に話しても聞いてくれません。

今日はまじめに聞いてくれます。


さて、これが終わるとGWには関西方面の川が解禁。

山形からなんとか行ける範囲の関東方面は6月上旬から解禁ですね。

昨年は入院で行けませんでしたが、今年は何とか山形の解禁前に行きたいですねぇ。


  

Posted by ぴーさん at 18:57Comments(1)あゆ

2017年04月12日

そろそろ鮎の準備も・・・。

ようやく、みちのく庄内にもサクラの開花情報が聞こえてきました。

陽気も日増しに良くなってきて、うれしい限りであります。

北と南では仕方がないことでありますが、GWには早くも鮎解禁の河川もあります。

6か月以上も鮎釣りが出来る地方と3か月少ししかできない東北とでは・・・・・・。

と、自分のいる所を呪ってみても仕方がありません。(笑)



それではと、最新情報を仕入れるため今年も買ってきました。

しばらくはこれを眺めながら、テンションを上げることとなります。

昨年の今頃は急に「胆嚢炎」を患い、7月の解禁まで入院、一旦退院、手術入院、退院と目まぐるしい春でした。

おかげで、予定していた関東の「桂川解禁」にも行けませんでした。

7月の解禁時は腹部にガーゼを巻きながらの鮎解禁でした。

しみじみ、健康のありがたさを感じた年でもありました。

さぁ、この本を読んで1匹でも多く釣れますように・・・・。  

Posted by ぴーさん at 11:07Comments(0)あゆ

2017年03月26日

もう、申し込み

早くなったというか、便利になったというか・・・・。

シマノさん、ダイワさんの鮎予選トーナメント受付がもう始まっていますね。

ダイワさんは毎年WEB登録していると、PWとメールアドレスだけで簡単に参加登録できました。

シマノさんはFAX登録のほか、今年からシマノメンバーに登録しているとこれも簡単に参加登録できました。

がまかつさんは、製品愛好者確認のためか、未だに特約店に申し込みのようですね。


今年ももうそんな時期なんですね。

まだ、ハリ巻きも始めてませんが、そろそろ鮎モードに頭を切り替えなくては。

でも、渓流解禁にもなっていない山形ではそれが始まってからでもいいでしょう。(笑)




  

Posted by ぴーさん at 18:45Comments(0)あゆ

2017年02月17日

今年も始まりました。

来ました!

鮎師必携の遊漁証。



これが来ると、今年も始まるんだなぁと実感します。

山形県内河川のあちこちに車中泊釣行する私にとってはありがたい券です。

鮎の前には、サクラマスや渓流釣りにも使います。

釣行する県内の河川で、いちいち一日のみの遊漁券を買っていたらどのくらいの金額になるか・・・・。

特に鮎は日釣りは高額ですからね。

ありがたやありがたやです。
  

Posted by ぴーさん at 18:20Comments(0)あゆ

2017年02月12日

ありがたいダイワさん。

昨年末のシマノさんに続いて、今度はダイワさんがカタログを送ってくれました。

トーナメント予選に出場した人に送ってくれているようで、ここ数年助かっております。



まだパラパラとしか見ていませんが、じっくりと見たいと思います。

折しも、また寒気が入り、雪で天候が不順な日が続くようです。

カタログ眺めで夏を想い気を晴らしたいですね。


  

Posted by ぴーさん at 19:51Comments(0)あゆ

2016年12月28日

することもなく。

今のところ今年の積雪はいくらか少ないのか。

降ってもさらっと白くなる程度で、自宅の除雪作業はやっていません。

これからどうなるか、このぐらいではおさまらないだろうとビクビクしている。

とはいっても寒いので外での遊びは皆無。

仕方なく先日届いたカタログ眺めです。

5~6年使用した腰ベルトが傷んできたところで新製品。



来シーズン前には買いですね。

腰ベルトは意外に無言で活躍してくれています。

タモを差す。引き船のロープを止める。飲み物を取り付ける。オモリポーチを付ける。

こう考えると結構な活躍。

引き船を流していると、左右にズレますが、痩せっぽっちだからかなぁ・・・・。
  

Posted by ぴーさん at 17:51Comments(2)あゆ

2016年12月26日

シマノさん早い!

シマノメンバー登録しているからか、来年の鮎カタログが届きました。



いち早く見れるのはうれしいですね。

これを眺めると半年以上も先の鮎シーズンが待ち遠しくなります。



製品名の上の方に赤字でNEWとあるのが新製品です。

良く見えないかもしれませんが、ご容赦を。

竿は買えないと思いますが、鮎ベルトが腰のサポート部分が広くなってるので、個人的には買いですね。

どこのメーカーより早くカタログ見れてシマノさんありがとう。

さて、あとはFショウに今年も行くかどうかです。





  

Posted by ぴーさん at 17:24Comments(0)あゆ

2016年11月28日

退屈しのぎ

鮎の季節はそれなりに充実した毎日を過ごしておりました。

しかし、今の季節はいけません。

だんだん寒くなるし、天気も悪天候の日が多くなりました。


鮎の季節に撮影したスマホ画像を眺めていたら・・・・。



ちょっと珍しいかな、寒河江川の低い虹ですね。

上に薄いもう一つの虹もあるんですがわかるかな。

丁度、匠鮎会の納涼飲み会をやった翌朝でなかったかな。

寒河江川・・・・チビ鮎が広いチャラ瀬で楽しく釣れました。

それも、静かに忍耐強くやっていると「ビューん」と掛かりましたね。

掛かった瞬間浅いことから飛び跳ねる鮎もいました。

泳がせ名人たちは河原の水辺にひざまづき、かなり楽しんだ様子。

小さくてもキツイ追いで掛かった瞬間は楽しいですね。
  

Posted by ぴーさん at 18:22Comments(0)あゆ

2016年11月22日

匠鮎会竿納めの会実施

所属する、鮎トーナメンター集団「匠鮎会」の本年度竿納めの会が開催されました。

今年の会員の活躍はシマノJCセミファイナル進出2名、WIST全国大会出場2名でした。

選手の健闘を称えたり、会員の活躍が報告されましたが、まだまだ上の大会での活躍が期待されるところです。



中々できない鮎談義に花を咲かせ盛り上がりました。

今年は会員の携帯電話がスマホ率80パーセント超えしたことから、LINEでのグループを立ち上げ連絡交流の

場としたことから、スマホ新参者への設定談義が続き、会場内はLINE着信音があちこちから鳴り響きました。(笑)

鮎シーズンも終わり、鮎の話に飢えていた会員は夜の更けるまで語り合いました。


当会はシーズン中に何回かのメーカー予選会に出場の義務が課せられており、1回戦敗退者からは罰金を

徴収して、これを全国規模大会に出場した会員に還元しております。

今年は意外に罰金が少なく、うれしい誤算もありました。

またうれしい誤算が来年も続くように各会員の活躍を期待します。
  

Posted by ぴーさん at 09:50Comments(0)あゆ

2016年11月07日

今年の鮎釣りシーズンを振り返れば③

今シーズンの鮎釣りで一番の成果は釣果よりも「快適な睡眠」と言ったところであろうか。

シーズン前に釣行車を変えて、山形の解禁前に関東方面の河川に車中泊で昨年同様行くつもりが

胆嚢の手術入院のため行けなくなった。

しかし、山形の解禁には何とか間に合い、車中泊釣行開始となった。



広い就寝スペースで、睡眠は快適そのもの。

昨年までのX-トレイルとは大違いでゆっくりと寝られ、疲れも感じなかった。



このスペースなので十分すぎる就寝環境である。

これに昨年までと違い、リア、サイドガラスに簡易遮光板、運転席との間に安いカーテンを付け

本当に快適に休むことが出来ました。

天井のスぺースが十分にあるのがワゴン車の強み。

来季も活躍が楽しみです。



こんなのでも夜になれば十分に遮光効果ありです。

夜明けとともに目が覚めることもなく、6時過ぎに自然に起きる遮光状況でした。

おかげでスッキリ目が覚め、釣行も元気にできました。






  

Posted by ぴーさん at 20:08Comments(9)あゆ

2016年11月03日

今年の鮎釣りシーズンを振り返れば②

7月前半のトーナメント予選への参戦が終わると鮭川に車中泊で大分お世話になった。

何年ぶりという、好調だったこの河川は大型が多く楽しかった。

この河川は瀬、トロ、淵が長くまた広くあるので、大勢でやっても実に楽しい河川だ。

しかし、暑さも最盛期の時期であり、まさに盛夏の鮎釣りであった。



夕方、早目に川から上がり、近くの温泉で汗を流し、仲間とグラスを傾けながら一日の反省など。

そして、涼しい風でぐっすり眠り、朝を迎える。

また一日のんびりと鮎と戯れ、また日が暮れる。

台風が通過した夜もあった。

満天の星空を眺め、飲む酒は実に美味しい!



これがあるから車中泊釣行は止められない。

7月、8月、9月はオラも含めて釣り仲間はみんな「カミさん」より仲間と過ごした夜が長い。(笑)

夕方、「プシュッ」と缶ビールのふたを開け、ぐびっと一口。

「いいねー!」と思わず言葉が出る。



この時期が一番釣果が上がった。

東京の仲間は毎日釣った鮎をクール便で自宅や知人に送るため宅配業者に通っていた。




  

Posted by ぴーさん at 21:01Comments(0)あゆ

2016年11月01日

今年の鮎釣りシーズンを振り返れば①

4月13日午後、みぞおち付近が突然の激痛に襲われる。

幸い、連れ合いが側に居たため、近くの医院に駆け込み、病院に転送され入院となる。

「胆嚢炎」

2週間ほど入院し、手術順番待ちのため一旦退院。

約1か月待たされ、6月初旬に再入院して開腹手術。

経過順調で同中旬に無事退院となった。


鮎解禁時の7月1日はまだ手術跡からわずかに浸出液もあることから断念も考えたが出漁。



日中、釣りして夕方帰宅、体を洗いガーゼ交換し、翌日また鮎釣り。

このパターンがしばらく続くが、トーナメント予選には何とか出場する。

軽くなった体重のため、流れに流されながらの予選参加となった。

しかし、不思議なもので2大会は1回戦勝上がり、自分でもびっくり。

その後、順調に傷は回復、風呂にも傷口を入れて入れるようになり、近くの温泉に入りながら車中泊ができるようになった。


  

Posted by ぴーさん at 13:50Comments(0)あゆ

2016年10月23日

抜け殻状態ですかね(笑)

猛暑の中、鮎釣りしているときでもそれなりに充実した感じがするのに・・・・。

陽気も良く、暑くも寒くもないのに何か虚脱感で・・・・。

「鮎釣り」 の魔力はすごいですね。

車中泊用の車から鮎釣りの道具や宿泊の布団などをかたずけました。

陽気も良いのにほとんど何もせず。


そんなこんなで「家族サービス」も必要ですね。

そこで、娘の嫁ぎ先にお世話になりながら、長野と足を延ばして都内まで。



長野では当然「真田丸」の上田城址公園。

数年前はちらほらの人が今回は団体さんや外国人が大勢!

団体さんはほとんど高齢者(笑)、 NHKの影響はすごい。

ジリ貧の我が酒田市も大河ドラマに砂丘の防風林や大名に大金を貸し出した豪商本間様の物語でもどうかなと。


足を延ばし、長野から東京まで日帰り。

お昼は某ホテルの最上階のレストランでランチ。

トイレに行ったらびっくり。



下界を見下ろしながら用を足します。

高所で若ければ縮むんでしょうが、高齢者は最初から縮んでるので・・・・(?)(爆)

ランチも超美味しくいただきました。


その後は人の多い上野公園。

国立西洋博物館・・・・世界遺産になるのかなぁ

常設展示物でも超満足、良い目の保養になりました。

おまけに65歳以上は無料!

外には見覚えのある彫刻が




* 縦画像はもっと画像のサイズを落とさないと縦表示できないのかなぁ
  
  顔を横にしてみてください。
 
さて、だんだん鮎釣り話題から離れて行く季節になりました。

なので、目に止まったものの話題、いくらかでも釣りネタの含んでいるものアップしたいです。





  

Posted by ぴーさん at 15:04Comments(0)あゆ

2016年10月03日

終わりですね。山形の鮎釣り。

いよいよ終わりです。

10月4日からは1週間の特別禁漁も始まります。

オトリの確保も難しくなり、友釣りは終わりです。

数日前、仲間が庄内河川に来るというので見に行きました。

やる気もあったのですが、気温の低さに負け、見学組に徹しました。



様子を聞けば、ツ抜けはしたが活性が低く、鮎も少なく参ったとのこと。

周りの景色も鮎釣りの雰囲気ではなくなりました。



完全に秋です。

風も冷たく、水温も低いです。



仲間はこれでもか、これでもかと鮎を攻め続けます。(笑)

あきらめきれなくて、下流に移動して下った鮎を探します。



多分、この川の友釣りができる最下流部に移動です。

鮭のウライの近くで何匹か掛けていましたが、見学も寒い!

橋の上から見ると真下の石にはまだ若い小型鮎がうじゃうじゃおり、垢をはんでます。

しかし、掛かりません。

群れの中に入れても絡みません。


夕暮れの寒さと、周りの景色で鮎釣りのシーズンが終わったのだと実感させられました。

終わりです。

さて、今度は何を始めようかな・・・。





  

Posted by ぴーさん at 10:04Comments(0)あゆ